人気テイクアウトメニューの作り方人気テイクアウトメニューの作り方

2020.7.15

人気テイクアウトメニューの作り方

新型コロナウイルスの感染拡大にともなって、飲食店の業態もテイクアウトメニューが中心になっています。そのため、テイクアウトで人気メニューを作るヒントはないかと考えている方も少なくないのではないでしょうか。
この記事では、人気テイクアウトメニューを作るにはどういったことを押さえておけばいいのかについてまとめました。これを読めばきっと、人気テイクアウトメニューについて知ることができるのではないでしょうか。

テイクアウトしやすい料理を作る!

どんなにおいしい料理であってもテイクアウトに不向きなものだと、なかなか人気につながりません。人気テイクアウトメニューを作るにはテイクアウトしやすい料理を開発する必要があります。中でも、食中毒を起こしにくいものや時間が経過しても味が変化しないもの、そしてすぐに食べられるものが適しています。
食中毒を起こしにくいものとしては調理の段階で加熱するものが適しており、生ものや冷たくて鮮度が求められる料理は安全性を考えると問題になることがあります。そのため、ある程度時間が経過しても食中毒が起きにくいものを開発することが重要です。
安全面に加えて、時間が経過しても味が変化しないものも人気メニューのポイントです。揚げたての料理も時間が経過するとシナシナになってしまい、せっかくの料理が家に着く頃には美味しくなくなっていることも少なくありません。
さらに、すぐ食べられるものも大切な要素といえます。テイクアウトで家に持ち帰った後に何らかの調理が必要なメニューは好まれず、調理不要で食べられることはとても重要です。
上記3つの条件を全て満たせば100%ヒットするというわけではありませんが、商品をご購入されるお客様に好印象を与えることができます。

有料化になるレジ袋とそのまま使える袋の条件有料化になるレジ袋とそのまま使える袋の条件

テイクアウト人気店から学ぶ!

テイクアウト人気店から学んでみるというのも手です。
完全な模倣はあまりいいことではありませんし、テイクアウト料理を提供する側としてもかなり抵抗があるのではないでしょうか。ただ、盛り付け方や味付けの仕方(冷めることを見越して多少味付けが濃い目になっているなど)は参考になる部分もあることでしょう。実際にそういったお店を利用し、自分のお店のテイクアウト料理に生かせないかということを検討するのも大切です。
テイクアウト中心の業態に飲食業界全体が変化しているものの、苦戦しているお店も多い中で好調なお店もあるのは確かです。そういったお店を利用してみて、どんな要素で人気があるのかを研究してみましょう。

レジ袋はサイズによって価格が異なりますレジ袋はサイズによって価格が異なります

お持ち帰りならではのキャンペーンを!

テイクアウトならではのキャンペーンを検討するのも有効です。
例えば、大手飲食店のようにテイクアウト料理を割引価格で提供するという手段もありますが、利益を減らすだけで思ったほど販売促進につながらないことも少なくありません。
そのようなケースも多いため、「テイクアウトメニューを購入すれば一品サービス」や、「テイクアウト専用のメニューを期間限定で提供」といったキャンペーンを展開することで、購入を促すことにもつながる可能性があります。

まとめ

テイクアウトの人気メニューを考える場合、前提として食中毒を起こしにくいものを開発します。もちろん、テイクアウトに適さないものを意外性で提供するというのも1つの方法ではありますが、まずは基本を押さえたメニュー開発を行いお客様の反応を見るというのが経営的にも無難な方法といえるのではないでしょうか。
また、販売促進のためとして安易に価格の割引に走らず、テイクアウト限定の専用メニューや一品サービスなどのキャンペーンを打ち出すのも重要なポイントとなります。
コロナ禍で特に影響を受けている飲食店ですが、これを機にテイクアウトという新しい道を模索することも検討してみてはいかがでしょうか。