モバイルオーダーシステムのTap&OrderモバイルオーダーシステムのTap&Order

2020.6.1

モバイルオーダーシステムとは?
ソーシャルディスタンスを保つ最適システム

「スマホオーダー」や「モバイルオーダー」という言葉を耳にしたことがある方も多いと思います。
2020年現在、スマートフォンで注文するオーダーシステムが少しずつ浸透しつつあります。従来の紙のメニューでもなく、設置されているタッチパネルのタブレット端末でもなく、自分のスマートフォンがそのまま飲食店のオーダー端末になるのです。ここでは、モバイルオーダーシステムが今までのタブレット端末での据置型セルフオーダーシステムと比較してどのような違いがあるのかをご紹介します。
また、弊社が販売しているモバイルオーダーシステム「タップ&オーダー」についてもご紹介します。

モバイルオーダーシステムとは

モバイルオーダーシステムには「スマホオーダー」や「モバイルオーダー」など様々な呼び方があり、お客様のスマートフォンから注文をするオーダーシステムです。
その中でも、専用アプリをインストールして注文するものや、Webブラウザ上でするもの、SNS経由で注文するものがあります。

スマホを使って商品を注文する女性スマホを使って商品を注文する女性

据置型セルフオーダーシステムとの違い

モバイルオーダーシステムと従来の据置型セルフオーダーシステムにはどのような違いがあるのでしょうか。コスト面含め違い・メリットをお伝えします。

導入コストの低減

据置型セルフオーダーシステムは、大きく高精細な画面でメニューを見ることができます。しかし、セルフオーダーシステムを導入する場合オーダー用タブレット端末の用意が必要で、この端末が市販の端末でも1台あたり3万円ほど、専用端末になるとそれ以上高くなることもあり、端末代金だけで50~100万円かかってしまう場合もあります。その点、モバイルオーダーシステムはお客様のスマートフォンをオーダー端末として使用しますので、その端末代金が全て削減できます。

複数人でもそれぞれの画面から注文が可能

お客様が複数人のグループでご来店された場合、セルフオーダーシステムで注文する時は順番にお客様個々で選択し最後にまとめて送信、あるいは1ページずつ全員に確認しながら選択、最後にまとめて送信という注文方法ができます。みんなで一緒の画面を見て話しながら選択できる反面、自分のペースでメニューを確認できないという不満が出る場合があります。
モバイルオーダーシステムであればお客様が各々のスマートフォンでメニューの確認ができるので、好きなタイミングで注文ができます。さらに、スタッフとお客様はもちろん、お客様同士の接触回数も据置型に比べて減らすことができます。

友達とメニューを見ながら好きなタイミングで注文する友達とメニューを見ながら好きなタイミングで注文する

タップ&オーダーとは?

タップ&オーダーは、「お客様への最高の接客」を提供する為に作られたモバイルオーダーシステムになります。
タップ&オーダーの導入で接客の品質が上がることによる、「売上」や「業務効率」の改善を目的として作られています。「LINE公式アカウント」経由での注文方法で運営を行うことで「友だち」を増やし、新商品の紹介やクーポン配信等、販売促進も支援できる最適なツールとなっております。

タップ&オーダー製品紹介

「タップ&オーダー」とは、どのようなサービスなのでしょうか?
そのメリットをご紹介いたします。

注文方法

お客様のスマートフォンで注文します。
注文の際、専用アプリ等新たにダウンロードの必要はなく、LINEを使用して注文ができます。日本国内で利用されているSNSの中で最も利用度が高いLINEを使用することで、ファン・コミュニティを活性化します。

多様なアプローチで訴求力アップ

LINEの「友だち」経由での商品注文が可能ですので、新規ご来店者様の数だけ「友だち」が増える仕掛けになっています。新商品案内やクーポンプレゼント等のアプローチでより多くのお客様に効果的な販売促進が行えます。

SNS(LINE)を使ってお客様にアプローチをする飲食店SNS(LINE)を使ってお客様にアプローチをする飲食店

ストレスフリーな店舗経営の実現

置型メニューの必要がなく、必要なものはテーブル毎に印刷されるQRコードとスマートフォン端末だけなので、お客様にテーブルを広く使用していただけます。さらに、商品の注文だけでなくスタッフの呼出もスマートフォンから出来るので、いつでもノンストレスで居心地の良い店舗作成、運営が可能です。

大手クラウドPOS会社、スマレジ社と連携

株式会社スマレジ様が提供されているクラウド型タブレットPOSレジとの連携を実現しており、ハンディアプリ「Waiter」と組み合わせることで、複数階層店舗や離れの個室等に対応した柔軟な運用と安定した稼働が可能になっています。

大手クラウドPOSのスマレジ社と連携可能大手クラウドPOSのスマレジ社と連携可能

人材不足解消で安定した業務の実施

タップ&オーダーを用いれば多くの飲食店で常態化している人材不足を改善し、オーダーテイクの減少・ホール業務の最適化が図れ、来店されるお客様の数に関わらず安定した稼働でオーダーテイクを行えます。想定外の来客数にオーダーをとるのが遅れ、お客様をお待たせすることもなくなります。

オーダーミス等ヒューマンエラーを削減

システムがしっかりオーダーテイクを完了し、キッチン/ホールに注文を伝えるのでオーダーテイクに関わる人為的ミスを削減できます。

多言語対応

タップ&オーダーは「日本語・英語・韓国語・中国語(簡体字)」と4言語に対応しています。言語の壁でコミュニケーションをとるのが難しい外国人観光客に対してもしっかり対応でき、機会損失を防ぐことができます。

安全/安心の距離を確保

全ての注文をお客様のスマートフォンからできるので、スタッフとお客様の接触回数を減らすことができます。それにより、新型コロナウイルスの感染防止にも役立ちます。
来店されるお客様としてもスタッフと一定の距離(ソーシャルディスタンス)をとることができるので安心して過ごしていただけると共に、店舗への信頼の向上にもつながります。

スタッフとお客様の距離を保った安心できる飲食店スタッフとお客様の距離を保った安心できる飲食店

まとめ

いかがでしたでしょうか?モバイルオーダーシステムである「タップ&オーダー」は飲食の新しい「アリカタ」を創り、スタッフとお客様の距離を適切にとりながら、お客様に心地よい空間を提供するツールとなっております。
コストはかかるが大きな画面で見られる据置型セルフオーダーシステムか、コストを削減できてお客様のスマートフォンで注文できるモバイルオーダーシステムか、店内の雰囲気に合ったシステムを選択するのがポイントになります。モバイルオーダーシステムにご興味・ご関心お持ちの方は、弊社が提供する「タップ&オーダー」にお問い合せください。