AmbienceAmbience

2019.6.13

いい雰囲気のお店作りに大切なことは?

お客様から愛される雰囲気の良いお店にはいくつかの共通点がありますが、多くの人から愛される雰囲気の良い人気店には何が備わっているのでしょうか。
今回は、いい雰囲気のお店作りに大切な事を紹介していきます。

従業員同士のコミュニーケーション

どんなに美味しい料理を振る舞っても、どんなに素敵な内装を用意して高級な食器を揃えても、お店の空気の悪さ、すなわち従業員の仲の悪さがお客様に伝わってはすべてが台無しになります。初めて来店されるお客様は従業員同士のコミュニケーションや信頼関係を敏感に感じるほど、アンテナを立てています。
では、良いコミュニケーションとは何でしょうか?従業員同士でご飯に行ったり、遊びに行ったりするのも立派なコミュニケーションですが、ここでいうコミュニケーションは「お互いを信頼し合い、協力してスムーズな流れで仕事を回して、全員で日々の改善を行うこと」になります。また、従業員同士が信頼し合って仕事が出来る背景には、店をまとめる上司の人柄や裁量が大いに関係しています。上司は従業員がコミュニケーションをしっかりと取れる仕組みづくりをすることが大切です。

打ち合わせをしてコミュニケーション打ち合わせをしてコミュニケーション

ホスピタリティ・気遣いを大切に

店舗が混み合いお待たせすることや、間違えて別のメニューを提供してしまうということはどこのお店でも一度は経験するでしょう。しかし、このお客様にとって満足できない状況は「思いやりの対応」で競合店に打ち勝てる、雰囲気の良いお店にするチャンスです。
例えば、待っている間にメニューを決めてもらい着席したらすぐにお料理が食べられるか、空調の設定は最適になっているか、お水がなくなっている人はいないかなどの気遣いを欠かさないスタッフがいると、店舗の雰囲気はとても良くなります。

きれいなお花を飾っているきれいなお花を飾っている

落ち着く雰囲気を提供すること

雰囲気を作る上で一番大切なのはお客様目線で店内を見渡し、一人一人がお客様であった場合、落ち着く場所を全員で作ることです。お店の内装や外装はほとんどの場合、オーナーの趣味になることが多いでしょう。もちろんオーナーの趣味でお店をつくりあげることには問題は無く、自分のお店らしさを表現出来れば、他のお店との差別化を図ることができます。
しかし、個人の趣味だけで店内のテイストに統一感がなく移動の導線が考えられていない場合、お客様にくつろいで頂くことはできません。一人一人、イロイロなお客様になって長い時間まったりしたくなるような、居心地の良い空間を目指してお店を作っていきましょう。

楽しそうに仕事をする女性楽しそうに仕事をする女性

まとめ

いかがでしたでしょうか?
本日ご紹介させていただきましたお店づくりは全員で力を合わしていい方向に進む方法です。上司はしっかりと環境作りや話を聞いてあげることが大切ですし、従業員は上司の意図を汲み取ることや現場の声を伝えることが大切になってきます。皆さんで力を合わせて素敵なお店づくりにお役立てください。