FIVE ADVENTURESFIVE ADVENTURES

2019.6.10

セルフオーダー導入の5つのメリット!!

セルフオーダーシステム(テーブルトップオーダーシステム)をご存知でしょうか?言葉は聞き慣れないかもしれませんが、回転寿司や居酒屋などの主に飲食店で実際に使用した経験がある人もいるはずです。
セルフオーダーシステムとは従来の紙メニューでは無く、お客様が好きなタイミングで商品を注文できる電子メニューです。ここでは電子メニュー、セルフオーダーシステムを使用することでどのようなメリットがあるのかご紹介いたします。

セルフオーダーシステムの説明

セルフオーダーシステムにはセルフオーダー、テーブルトップオーダー、電子メニューなど様々な呼び方がありますが、お客様にメニューを操作頂き商品を注文してもらうシステムになります。
セルフオーダーはPOSレジとの連携でオーダーテイクをより効率化し、従業員の目の届きにくい複数フロアやテラスがある店舗などでもお客様からキッチンへ直接伝票を渡すことができることで今、注目を集めています。

カフェにセルフオーダーを導入したイメージカフェにセルフオーダーを導入したイメージ

人材不足の解消

2019年1月の帝国データバンク「人手不足に対する企業の動向調査」では2018年の人手不足による倒産件数は153件(前年比44.3%増)となっています。
また、飲食店に限れば非正規社員が不足していると感じる企業は84.1%と高水準になっていますが、飲食業界は年々市場の売り上げは大きくなっており、2019年もこの人材不足の波を止めることは難しいでしょう。
先にも記載しましたが、セルフオーダーシステムでは直接お客様からキッチンへ商品をご注文頂くので「ホールスタッフの削減」と「教育コストの削減」が可能になります。「目の届きにくい場所のサービスの質を落とさないように1人追加しよう」「土日は注文が沢山あるので2人追加しよう」など、飲食店のあるあるですがセルフオーダーシステムを導入することは全てのオーダーテイクをなくすことに繋がります。注文を取りに行く作業を省くと「少ない人数での運用」「より丁寧な寄り添う接客」などこれまで実現したくても人材の問題で先送りにしていた素敵なアイディアに手を付けることが出来ます。
また、人材育成として確実に必要になる教育コスト「注文の取り方」「ハンディの使い方」と行ったオーダーテイクのための教育も不要になり、研修時間や指導側の負荷を軽減できるメリットがあります。
出典:帝国データバンク「人手不足に対する企業の動向調査(2019年1月)」

人材不足で疲れる女性人材不足で疲れる女性

訪日旅行者向けのインバウンド対策

年々、訪日外国人が増え店舗の売り上げが上がり嬉しい反面、言葉の壁で時間でストレスが溜まったり、1回の注文に10分、15分と時間を使ってしまうことは稀では無いと思います。また東京オリンピックを皮切りに「インバウンド対策は?」「外国人への接客対応は?」など上司からの催促されることもあるでしょう。
セルフオーダーシステムはボタン一つでメニューの言語切替が可能なので、事前に複数言語の日本語、英語、中国語などを用意しておくことでお客様とのコミュニケーションを円滑に進めることが可能です。

インバウンド対策ができて外国人と話す女性インバウンド対策ができて外国人と話す女性

従業員の負担軽減

店舗スタッフは管理側が思っている以上に、常時マルチタスクで行動しています。例えば「注文を受ける」「料理を運ぶ」「食器を片付ける」「各テーブルサービス」「店内の細かなチェック」など、お店によってはもっと様々な業務があります。
また、テラス席や複数フロアがある店舗ではいつでも注文を受けれるように、フロア内を行き来するだけでも「お客様が気持ちよく注文ができるように、何回も来て気になる」など相手のことを考えながら様々なことをするにはパワーを使います。セルフオーダーにパワーを使う業務を任せ、店舗のファンを作ることに従業員は注力することが出来ます。

一括管理のラクラクメニュー

セルフオーダーシステムは「グランドメニュー」「ランチメニュー」「飲み放題メニュー」など様々なメニューブックを準備し、ボタン1つでそれらの切り替えが可能です。また、当日のオススメ商品をスマホやカメラで撮影してすぐにメニューに反映することも出来、新メニューのテストやメニューの作り直しのコストなども削減出来ます。

グランドメニューとランチメニューをワンタッチで切り替えグランドメニューとランチメニューをワンタッチで切り替え

売り上げアップ

店舗が繁盛すると「忙しそうだから次に」「店員を呼んでも来てくれない」など顧客満足度が低下したり、注文してから来るのが遅いなどが発生いたします。お客様が頼みたいときに注文ができるセルフオーダーシステムを導入することで、機会損失を最小限に抑え、顧客満足度の上昇を図ることが可能です。オーダーテイクの効率化、お客様のストレスの回避と売り上げの増加に繋げるためのセルフオーダーシステムでもあります。
また、紙メニューではできない、動画やスクリーンセーバーで静止画像だけでは無く、動きや音での販売促進が売り上げアップも見込めます。

導入で売り上げアップ導入で売り上げアップ

まとめ

いかがでしたしょうか?セルフオーダーシステムは「目的別」「運用方法別」で様々なパフォーマンスを実現できるシステムなっており、活用できればただ注文を取るだけのメニューではなく、顧客満足度の向上、従業員の働きがいや売り上げアップを目指すことのできるツールになっています。
導入にお悩みの方は是非、弊社が提供するツール「セルフオーダーシステム」にお問い合わせください。